FC2ブログ

零の音

瀬対ユウキによる【グローランサー シリーズ】中心非公式ファンblogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRONMAN小説【同級生らが愛息子をかどわかすのだが…!】

IRONMAN小説【同級生らが愛息子をかどわかすのだが…!】

うちのAI執事が愛息子をかどわかすのだが…!と同じシリーズです。
ハワードパパと子トニー様とその同級生(ティトニ、キリトニ、ゲイトニ)達。ほんのりジャトニ要素も。

『追記を読む(↓)』からどうぞ。





----------------ーーー


私の名前はハワード・スターク。君も御存知の通り、アメリカを代表する大企業スタークインダストリーズの社長にして天才発明家だ。そんな私がジュニアスクールに呼び出しをくらっている。嗚呼、私の事でではない。私の可愛い愛息子アンソニー・エドワード・スターク、愛称“トニー”の事でだ。
私の目の前に座った教師は溜息を深く吐き出す。心労が窺える顔つきで、教師は幾つもの指輪をつけた細い指を優雅に組んで話を始めた。

「問題なのはトニー君ではなく、嗚呼、いえ、トニー君に原因はあるのですが、それ以上に問題なのはトニー君の周囲です。ハワードさん。貴方は育て方を間違えました。彼は将来、大変な事態を引き起こす事になるでしょう。」

これはそんな私と愛息子とその周囲の人々の日々の綴り。



初めての登校日。愛息子は我が家自慢でありながら愛息子をかどわかす憎きAI執事に連れられてジュニアスクールに現れた。長身の執事を従えて堂々と歩くその姿は周囲で遊ぶ子供達の注目を一身に集めていたそうだ。流石は私の愛息子だ。
萌え袖に、絶対領域を発揮する太股。猫耳&尻尾オプション付きの姿で現れた愛息子に、可哀想に周囲にいた子供達は貴重なる初恋を愛息子に捧げてしまったらしい。…誰がそんな格好をさせたのかは分かっている。憎きAI執事め、愛息子の可愛い姿を大衆に見せるなとあれ程言ったのに!帰宅した後にその時の映像を残していないか確認するとしよう。可愛い愛息子の初登校だ。嗚呼、私はまだ見せてもらっていない。
胸に期待を高まらせ私は教師の話しを続けさせる。今のところ何も問題はないようだが?私の愛息子は可愛いからな。人生経験が未熟な子供達が惚れてしまうのも無理はない。


問題児1、ティベリウス・ストーン君。
その時、愛息子は学食でデザートのドーナツを食べていたらしい。はむはむと頬張る姿は小動物を連想させ、周囲に癒しを与えていた。そんな愛息子に爽やかに近付いてきたティベリウス君。彼は愛息子と同じくらいに成績優秀で運動神経抜群。なかなかの好少年らしい。にこりと微笑む愛息子に、にこりと微笑み返してティベリウス君は愛息子の隣に座った。ドーナツを食べ終え、油に濡れた指をじっと愛息子が見つめ、ティベリウス君に話しかけた。
「汚れちゃったから舐めて?」
私は頭を抱えた。AI執事のせいだ!愛息子がおやつを食べ終えると『トニー様、指が汚れています。私が綺麗にしてさしあげましょう。』と毎日AI執事は愛息子の指を舐めとるのだ!AI執事め!幼いティベリウス君にはクリティカルヒットをかましたに違いない!さらばティベリウス君の初恋!禁断の愛へようこそ!「ええ、その通り。」と教師は中国語で冷静に話す。ティベリウス君はそれから愛息子にご執心でヒマさえあれば「トニーは可愛いね。アリス服を着せたいくらいに可愛いよ。」やら「トニーはアリス服がきっと似合うと思うんだ。」やら「トニー、アリス服を持って来たから着てみて。」と爽やかに語りかけるらしい。何故アリス服にこだわるのかは聞かずにおこう。ティベリウス君の性癖に違いない。ちなみにアリス服は水色の方だ。可愛い愛息子が着れば似合うに決まってる!


問題児2、アルドリッチ・キリアン君。
その時、愛息子はたくさんの野獣…もとい、ジュニアスクールの子供達に囲まれて遊んでいたらしい。ボール遊びをしながら汗に濡れた肌を見せていた愛息子。見惚れていた少年が愛息子の投げたボールをキャッチし損ね、愛息子が駆け出した。ぽんぽんと跳ねたボールが足元に転がってきたキリアン君は、それを手に取って、笑顔で近寄って来た愛息子に顔を紅くしながら告げた。
「トニー、AIMに入らない?僕が作った秘密組織なんだ。このTシャツ、AIMのマークなんだ。ほら。頭のいい、選ばれた人間しか入れないんだよ。トニーは頭がいいし、特別だから、僕の右腕とか、僕の助手とか、特別枠で入れてあげるよ。入る?」
「うん。」
「本当‼︎?じゃあ、放課後に教室で!2人っきりで会おう!」
愛息子の返事にキリアン君は大興奮で全身を炎のように真っ赤に染めながら去って行ったらしい。そして、放課後。愛息子はキリアン君との約束を破り、待ち合わせに行かなかった。ソファーに座り、AI執事の手作りジュースを満足そうに飲む愛息子に約束を破った理由を尋ねてみた。
「あのね、ティがね、身の危険だから行っちゃダメだよって言ってた!」
ティベリウス君良くやった!爽やかに微笑むティベリウス君を思い浮かべ、私は彼を褒め讃えた。キリアン君は待ちぼうけをくらい、深夜まで愛息子が来るのを待っていたらしい。さらば、キリアン君の初恋。ええ、なんでしょうか?先生は長い髭のはえた顎を撫でながら溜息を吐く。終わってない?愛息子に約束を破られたキリアン君はそれから「トニーが来なかったら飛び降りてやる!」や「僕はトニーに裏切られて生まれ変わったんだ!」を口癖に愛息子にさらに病んだ形でご執心していると。厄介な子だ。


問題児3、バーチ君。
フルネームは…嗚呼、別の学校の子で名前はバーチしか分からないのですか。別の学校にまでファンが出来るとは流石は私の愛息子。
その時、愛息子は社交ダンスの練習中でジュニアスクールの少女を上手くリードして踊っていたらしい。社交ダンスは既にAI執事からの英才教育で教えているからな。しかしあのAI執事だからか、女性パートも華麗に可愛く踊れるようになってしまったのは大誤算だ。ダンスの終幕にと華麗に愛息子がお辞儀をした瞬間にバーチ君は現れた。
「まい あるふぁ!」
バーチ君は嬉しそうに涙を流しながら愛息子の手をぎゅっと握って、くるくると踊るように駆け出した。
「まい おめが!」
バーチ君は謎の言葉を発し、そのまま愛息子の手を繋ぎながら窓から飛び降りようとしたらしい。心中しようとしたのだ。その寸前で偶然にも学校に来ていたらしいうちのAI執事がバーチ君の腰に強烈な蹴りを放っち、愛息子は事なきを得た。なんて子だ!愛息子を自分に振り向かせようと無理心中を図るとは!まともな精神ではないな。バーチ君はAI執事の蹴りにより全治3ヶ月の怪我をした?それだけで済んで良かったではないか!


問題児4、ジャスティン・ハマー君。
その時、愛息子は先生の授業を受けながらノートに新しい機械の開発コンセプトを記帳していた。勉学に励みながら新しい分野にも挑戦する愛息子はやはり天才だ!そして、近くの席に座っていたハマー君の机から落ちたペンがころころと転がり、愛息子の足にこつんとあたる。気付いた愛息子はそのペンを拾い、ハマー君に笑顔を向けながら差し出した。
「僕と同じペンだね。」
ハマー君はにっこりと笑顔を見せた。……それだけですか?え?ハマー君の私物が日に日に愛息子と同じ物になっている?か、軽いホラーですね。AI執事に発注させて愛息子だけの世界に一つだけの製品を作らせましょう。愛息子が“お揃い”に気づく前に。


問題児5、ゲイリー君。
その時、愛息子は図書館で高い位置にある本を取ろうと必死に手を伸ばしていた。一生懸命に足先で立ちながら、ぷるぷると体を揺らし手を伸ばす姿は愛らしく、周囲の子供達は手伝う事も忘れて愛息子を眺めていたらしい。その時のお尻の張り具合がなかなかに良かったとは先生も目の付けどころが違う。そう、愛息子のお尻はぷりぷりで可愛らしいのです。そして、本が取れないと愛息子が諦めかけた時にゲイリー君と目があった。先生は偶然ではなく必然だと?嗚呼、成る程。ゲイリー君は入学した時から愛息子のストーカーをしていたと。ストーカーならば傍に居たのも偶然ではなく必然だ。愛息子の後をゲイリー君はずっと追い掛けていたのだから。にっこり微笑んだ愛息子はゲイリー君を見詰めて言葉をかけた。
「僕には君しかいない。」
「ぼ、僕も…!」
「僕、あの本を取りたいんだけど、手伝ってくれる?」
嗚呼呼と私は頭を抱える。これもAI執事が愛息子に教え込んだ事だ。あのきらきらとした瞳で頼りに出来る人が君しかいないと言われたら誰でも頷いてしまうだろう。人にものを頼む時は「君しかいない」と最初に言うよう教育された我が愛息子。誰にでもそう言うと知らないゲイリー君は哀れ、四つん這いになって愛息子の足場になったそうだ。哀れではない?嬉々としていたとは、まあ、性癖は人それぞれだ。それ以来ゲイリー君の愛息子へのストーカーっぷりが激しさを増していると。よし、すぐにでも通報をしよう。悪漢の手に落ちる前に我が愛息子を護らなければ!先生も協力をお願いします。何か?「good pig」?嗚呼、先生も騒がしい問題児ばかりで大変でしょう。
ところで、先生の背後にあるそれは拘束器具では?気の所為?いえいえ、気の所為ならば構わないのです。これからも愛息子の事をよろしくお願い致します。マンダリン先生。
立ち上がった時に先生の服の裾からひらりと落ちた写真には私の愛息子が写っていた気がするが、きっとそれも気の所為だろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

カウンター

プロフィール

瀬対ユウキ

Author:瀬対ユウキ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。